FC2ブログ

PREV| HOME | NEXT

≫ EDIT

閑話休題。

最近読んだ本から。軟派ですな。
『あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します』
菅野彰:文
立花実枝子:画
もともとはデジタルユーラシアで知己を得たことのある菅野さんのエッセイは、いつも体験談をたたみかけるような筆致で疑似体験させてくれるので、とても楽しいのですが。
が。
今回は体当たりではなくカラダ(主に内臓)を張った仕事をしていらっしゃる……。声を出して笑う事、数度。

立花さん描く挿し絵が、猫を擬人化してあってそれもまた素晴らしい。

海馬4も早く読まねば。

『ひとりと一匹』穴澤賢:著
有名ブログの管理人が飼犬に宛てた手紙形式で綴った本。
この本で号泣した、とそこここで聞かれたのですが、私が泣けたのは1番最初と最後から2つ目でした。号泣、というよりは胸にせまって、という感じでしたが。
ドライなものの見方に共感する事多し。
初版本だったため噂の誤字、散見(笑)。

御宿かわせみ「十三才の仲人」平岩弓枝:著
このシリーズは安心して読めるのですが、飽きる事なく登場人物の成長が楽しい。
この方の西遊記(挿し絵は何と蓬田やすひろさん!)も早く読みたい。

読まずに置きっぱなしの京極堂、かれこれ4ヶ月……これを読むには丸2日何の用事もなく部屋にこもりっぱなしでいられる休日必須なのです。体力的に。
関連記事

| 寧日。 | 22:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まるちゃんも読まれましたか!
菅野さんはいつも臨場感あふれるエッセイを書かれますが、今回は凄かったですね~。
普段インドアな方が夜更けまで酒をかっくらって何故屋久島……と呆然としました(^_^;)。
同い年とは思えない……。
「海馬が耳から駆けてゆく」の南野ましろさん筆のニャン太さまがとても好きです。

| ばん | 2007/04/20 18:49 | URL | ≫ EDIT

『あなたの町の…』は私も読みましたよ~。
本屋で衝動買いしました。
続編を期待したくなる面白さですが、お二方のカラダがとっても心配です。
京極堂は最近読んでないですねぇ。
なんかもう、体力無くって…。

| まるちゃん | 2007/04/20 18:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tenbyo.blog69.fc2.com/tb.php/420-a4703290

TRACKBACK

PREV | HOME | NEXT