fc2ブログ

PREV| HOME | NEXT

≫ EDIT

準備追い込み。

091011004.jpg
091011003.jpg
091011002.jpg
飼い主は大変やなあ、と云われている気がする。

明日は「御苗場」にて「もっとかわいい、ペット写真の撮り方」八二一先生が担当。
イベントポスターモデルは、ごとーさんちの猫さんらしい。
あんまり可愛いからって大きめポスターになったそうです。見たい。。。。。。
平日ですが、かなりお得なイベントです。
お時間のある方で写真が上手くなりたい方はぜひ。

カントーでは、このイベントが面白そう。

◎個展準備のため、基本的にレスをお休みします。ご了承ください。


ご高覧感謝♪


「中之島公園の猫たち」

「ukurinpon's room」にて、サビ子猫の飼い主募集。
経緯や詳細は、上記ブログにて。

「平太 -なにわのぶちゃいどる猫-」「はっちゃん -無敵のニャンドル-」2008/11/10同時リリース!
平太―なにわのぶちゃいどる猫平太―なにわのぶちゃいどる猫
(2008/11)
ばん ひろみ

商品詳細を見る


↓以下、一介の猫写ニンゲンとしての自戒。



「ひびいろいろ」で、定期的にアナウンスされていること。
さらりと書いておられますが、とても気をつけたいことです。

わたくしも他所で写真を撮るとき、自分がどこまでその場所、その猫たち、世話をする人たちの迷惑にならずに「撮らせてもらえるか」を常に考えてしまいます。

以前、とある場所で「猫を撮っても良いですか」と掃除をしていた方に尋ねると、とても慎重に「何に使うのか、ブログとやらに載せるのか」と問われ、「載せますが、場所など一切記載しない、背景の写り込みも地名や固有名詞は写さぬ方針でやっています」と申し上げて、ようやく事の次第を伺えた事もあります。
いわく「ここに居る猫たちが安穏と暮らせるように、この場所の事は黙っていてほしい」とのこと。さもありなん。

他の人の引き起こした迷惑ごとでも、同じ写真を撮る人に見えるに違いなく、ご当地の方は色んな思いをたまたま行き会わせた人に吐露される事もあることでしょう。
嫌な事を聞かされ、とばっちりだと憤るより、自分は違うと胸をはって猫を守る人たちにお伝えできる内容をキープしたいと思います。

そんなわけで、詳細な撮影地などは秘しております。
また、知っていても決してコメント欄には書かないで下さいね。

ネット上でものを書くという事は、私的に見えて全世界配信され、検索のやりようによっては、簡単にヒットします。管理画面でアクセス解析の「検索ワード」を調べると、多岐にわたる言葉によってこのブログに辿り着いているのがよく分かり、時々チェックをしては気を引き締めております。

と、つらつら自戒をこめつつ駄文にお付き合い感謝。
関連記事

| ぶちゃいどる、平太。 | 21:16 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ばんさんの外猫写真からは、冬の冷気が肌を刺すようなピリッとした緊張感と、包容力のあるあたたかみが伝わってまいります。
ばんさんが猫写される時のマナーや心構えを、折折に伝えてくださるのは、とても意義のあること。
そうですね、被写体である相手側に、土足でズカズカ踏み込んだようなテクニック重視の作品には、心惹かれません。
私自身、感受性が豊かになってきたなあと思う、この頃です!自分にとって良い作品を見たり飾ったりすることで、すごくリフレッシュできます☆

| みわこ@奈良! | 2009/10/14 13:09 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございました。
たかピーさん
写真を撮る人、それがデジイチでもケータイでも、立場は同じだと思うのです。
ただ、デジイチだとすぐに撮っている事が分かる、何だか本格的でプロっぽい、ウチの周りを撮って何がしかの金にするのかと考えられる方もいらっしゃる。

猫を撮っているのに「オレを撮ってるんか!お前は興信所か!」と怒鳴られた事もありますし、路地に入ると必ず窓越しに気配を察知して出てこられる方もあります。
そういった経験もあり、きちんと説明出来ることが、今後も撮り続けてブログに載せるための自衛にもなるかと。

猫(またはその場に暮らす人々)>写真を撮る>皆が認めるええ写真

なんですよね。

これも講座に通って先生の姿勢やお仕事ぶりを見続けて来たからだと、他の事には自己中スタンスのわたくしは思います。

人への配慮も同じくらい出来たら、きっと聖人になれましてよ(笑)。
到底無理ですけども。

猫写真を撮る方には、色んなスタンスがあると思うので、これはあくまでわたくし(と、たぶんごとーさんもかな)の考えですのでお間違えなく。

拍手コメントさん
大変な日々を過ごされて来たのですね、ご同情申し上げます。

折角のお褒めの言葉ですが、わたくしが偉いのではなく、ご当地で努力している方々こそが素晴らしいんですよ。

わたくしのようなブロガーの、無責任な記事によって更に環境を荒らされる事なく、静かに猫への愛情を注げるようにすることが、写真を撮る立場として最低限のマナーだと思います。
写真という趣味が、見知らぬ人に迷惑をおかけするのは出来るだけ避けたいものです。

| ばん | 2009/10/14 12:57 | URL | ≫ EDIT

発する言葉の責任と相手に対しての気配りを忘れないようにと
今一度自分に言い聞かせつつ読ませていただきました。
ありがとうございます。

| たかピー | 2009/10/14 08:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tenbyo.blog69.fc2.com/tb.php/2254-8b807f54

TRACKBACK

PREV | HOME | NEXT